コウノトリのこうちゃん

1971年、福井の田んぼに舞い降りたコウノトリは
くちばしが折れていました。

コウノトリを見つけた農家の人や子供達は
こうちゃんと呼んで見守っていましたが口ばしが
折れていた為に餌がとれず日に日に弱っていきました。

やがて保護されてコウノトリ飼育場(兵庫県豊岡市)に
引き取られたこうちゃんは手厚い看護を受け元気になり
武生と名づけられやがてヒナが誕生しました。

もう36年も前のことだそうです。
こうちゃんはずっと飼育され34年も生きて子孫も残したんですね。
いつかこうちゃんの子孫が福井にも飛んできてくれると嬉しい。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。